チェーン規制 義務化

今年から運用されている、「新チェーン規制」では、特定の警報がでたとき、指定区間の走行にチェーンが義務化されました。

これ、最初は、「指定区間はチェーンがいる」と誤った拡散があって、びっくりしました。
そうではなくて、「もし警報がでたら」なんですね。

警報は、国土交通省の「大雪に関する緊急発表」や、気象庁の「大雪特別警報」が発表されたときです。
また、指定区間は以下のとおりの13か所。来年はもっと増えるそうです。

●上信越自動車道
〇長野県の信濃町インターチェンジと新潟県の新井パーキングエリアの間の25キロ、

●中央自動車道
〇山梨県の須玉インターチェンジと長坂インターチェンジの間の9キロ、
〇長野県の飯田山本インターチェンジと園原インターチェンジの間の10キロ、

●北陸自動車道
〇福井県の丸岡インターチェンジと石川県の加賀インターチェンジの間の18キロ、
〇滋賀県の木之本インターチェンジと福井県の今庄インターチェンジの間の45キロ、

●米子自動車道
〇岡山県の湯原インターチェンジと鳥取県の江府インターチェンジの間の34キロ、

●浜田自動車道
〇島根県の旭インターチェンジと広島県の大朝インターチェンジの間の27キロ

国道は6つの区間です。
●国道112号線
山形県の西川町志津と鶴岡市上名川の間の27キロ、

●国道138号線
山梨県山中湖村平野から静岡県小山町須走字御登口の間の9キロ、

●国道7号線
新潟県村上市の大須戸と上大鳥の間の16キロ、

●国道8号線
福井県あわら市の熊坂と笹岡の間の4キロ

●国道54号線
広島県三次市布野町上布野と島根県飯南町上赤名の間の12キロ、

●国道56号線
愛媛県の西予市宇和町と大洲市松尾の間の7キロ

帰省するときに通る人は、一応チェーンを用意しておくといいかも。
日程に余裕がないから、雪がやむまで待っていられないかもしれませんからね。

ついでに書いておくと、今まで高速道路にでていた「チェーン規制」の場合は、全車輪がスノータイヤまたはスタッドレスタイヤなら走行OKでした。もちろんチェーンを装着している車も走行できます。

雪が降る可能性がある人は、タイヤをスタッドレスタイヤにしておくのがおすすめです。
もし、夏用と両方もつのが費用の負担が大きいとか面倒、保管場所に困るひとは、裏技ですが、一年中スタッドレスタイヤにするという方法があります。

タイヤの減りは早くなってしまいますが、履き替えたり、もう1セットのタイヤを購入・保管する手間がありません。知り合いがやっていたので初めてしりましたが、なるほど、と思いました。


-
-, ,