生活

ふるさと納税 総務省

総務省がふるさと納税の見直しを発表しまたね。とうとう来たかという感じです。
2019年6月からは、総務省が指定した自治体がふるさと納税の対象になります。指定からはずれた自治体に寄付しても税金の控除はうけれません。

どの自治体が指定されたか、されないかは官報で発表されるそうなので、注意が必要ですね。

この措置は、ふるさと納税が本来の主旨からはずれて返礼品合戦になっているという批判からです。
総務省は、通達で「返礼品の還元率を3割以下、金券やジュエリー、家電など換金性の高いものは廃止、返礼品は地場産品に限る」などと指導していたんですが、指導に従わない自治体があり、またその自治体が人気の寄付先なので、とうとう「ふるさと納税の指定」という手段にでたんですね。

2019年6月までに、お得な返礼品をもらおうという人が新年から殺到するかもしれません。
あるいは、すでに来年のお米をふるさと納税で年間で届けてもらうようにしたとう人もいました。これも賢いですね。

探すと、平成31年の新米60㎏を分けて届けます、といった返礼品もみつかりますよ。

私は普段使っている「さとふる」と、


楽天ふるさと納税で検索しました。

-生活
-, ,