子どものもの

おねしょシーツ

梅雨時は布団を干せないというのに、おねしょをされてしまって布団が汚れると大変です!

そこで活躍するのが「おねしょシーツ」です。布団の上に敷いて使います。

紙おむつがとれても1年くらいは引いていた方が安心です。今は結構広いタイプもありますから、子どもが動いてしまってもしっかりガードできます。

我が家が子育てしていたときは見かけまかったですが、子どもにはかせるタイプもありました。

中に水を通さないラミネートはさんであるそうです。中の布がすいとって、外にはもれない仕組み。

子どもが嫌がらなければ、はかせてもいいかも。

小学生用タイプもありました。小学校低学年までおねしょが続く子は意外といるようです。

小学生で週に2回以上おねしょがある子は夜尿症と診断されて、治療の対象になるそうです。小学生の夜尿症の原因は大きく二つ。夜間の尿量が多くなる「多尿型」と膀胱が小さい「膀胱型」です。今は薬などもあるので、気になるなら受診してもいいかも。

おむつをはかせていると、いつまでも治らないかもと思う人もいますが、関係ないそうです。体の機能の問題であることが多いからです。
とりあえず、対策グッズでのりきって、通える医療機関を探してみましょう。

-子どものもの